心理療法のご紹介

催眠療法

催眠状態に誘導し、その震度に応じた治療暗示を行い悩みや症状の解消へ導きます。

さて、催眠状態とは、トランスといわれる状態です。 変性意識状態とも言われます。 そもそもトランス状態は意識を失ってしまうような特殊な状態ではなく、日常生活の中でも毎日のように起こっています。
「時間を忘れて何かに没頭する。」
「ボーっと歩いているうちに目的地についてしまった。」
「テレビを見ながらうつらうつらしていた。」
などがそうです。しかしこれは催眠とはいいません。

つまり催眠者と被験者の間に意図的に引き起こされた意識の変化が催眠です。

暗示操作によって引き起こされた意識水準の低下と被暗示性の亢進を利用して、リラックスしたり、暗示を入れたりするのが簡単に言うと催眠療法です。 催眠状態に入ったからといって意識がなくなるということはありません。