心理療法のご紹介

カウンセリング

カール R. ロジャースが創始した技法で、日本語では来談者中心療法といわれ、今日の日本のカウンセリングの中心をなすものです。 セラピストが非指示的にかつ受容と共感を持って相談者の話を受け入れる技法で、すべての療法の導入部として用いられます。

つまり、「じっくり聞くよ」ということです。

カウンセリングという言葉はもはやしっかり定着し、日本語になった感がありますよね。 うちのサロンもカウンセリングルーム!ってついてるし。 相談って訳がつくのかなぁ?

でも、心理療法でいうところのカウンセリングは、普通で認知されるところの 相談とはちょっと違います。

人は悩みますよね。 悩みがあるから人だと思うし。 でも、それって自分で何がどうなって苦しいのか、どうしたら楽になれるのか、解決するのか。 何も分からないことって結構多かったりします。 ただ、苦しいんですよね。

でも人生って一人ひとりのオリジナル。 他の人にはその人の歴史なんて分からない。 もちろん私たち療法家にだって分かりません。

「え?じゃあどうしたらいいの?」なんですが、実はその悩みや苦しさを一番感じているのはご本人だし、そしてその解決法を知っているのも実はそのご本人に他ならないわけなんです。

だからカウンセリングの技法を駆使して、それを探り当てるお手伝いをするんです。