体験談&コラム

催眠療法体験談

なんとなく心が晴れない日が続き、自分では仕事が原因だろうと判断していました。 でも、なかなかそこから抜け出すことができずに悶々としていました。 そんな時、催眠療法で潜在意識に働き掛けることによって、自分で気付かない無意識の原因に気付いたり、解決策が見えたりすると聞いて、催眠療法を受けました。

私は催眠療法の前世体験をしました。 前世そのものを信じる気持ちは半信半疑ですが、私のDNA(遺伝子)には先祖の記憶も組み込まれている気はしていました。 実際、前世療法を受けてみると、いろんな映像が見え、説明が出来ないけど『本能』でわかる事などがたくさんあり不思議でした。

催眠が終ると私はある大切な事に気付いていました。それと同時に心のモヤモヤがとれて、スッキリした気分になりました。 もう自分ではどうにも出来ない過去の事だけど、無理に忘れる必要はなく、かといって思い続ける必要もない。 たまに思い出したら、知らんぷりをするのでなく、どっぷり浸ればいい。そう気付けました。 あたりまえの事が見えなくなる事がたまにあるのは、きっと大切な記憶に蓋をしてしまって、ツケがまわってきたんじゃないかとも思いました。

一人で蓋を空けるのは容易ではないけど、カウンセラーの山田先生が一緒なら蓋は空きます。 私を良い結果に導いて、大切な事を気付くサポートをしていただいて、とても感謝しています。 その後、落ち込むことはあっても、原因不明のモヤモヤで落ち込むことはなくなりました。 これは私の眠っていた意識をカウンセラーの山田先生に呼び起こしてもらったからだと確信しています。