誌面連載記事

『『のりこのカウンセリングルーム』第九回

くるサーチ。2005.10~

子どもを怒鳴りつけてしまいます。

私には小学校1年生の息子と、5歳になった娘がいます。2年前に離婚し、3人で暮らしているのですが、私は、子どもを怒鳴りつけてしまいます。イライラすると、子どもに八つ当たりします。離婚する前から、そうでした。今のイライラは、自分が早起きできず、時間を無駄遣いしたことへの苛立ちだったりと、すべて自分のことでのイライラですが、いつも子どもにぶつけています。また、子どもがたたいたり蹴ったりしてくると、ちょっとした遊びでもものすごく痛く感じて、仕返しをせずにいられません。すごく罪悪感を感じるのですが、どうしてもやめられないんです。

つらい思いをされていますね。ご自分でその現実から逃げずに何とかしようと思われたことはとても前向きなことだと思います。そこで、二つに分けなければいけないことがあるんです。まず、子供を守るということ。そして、あなた御自身の問題を解決することです。
家庭内での弱者である子供に、当たることは意外に多いのが現実だと思います。そして人は、力や立場、暴力などによって人を支配したりコントロールしたりすることを覚えると、癖になってやめられなくなったり、更にエスカレートしていく危険も孕んでいます。だからこそ、その現実に向き合い対策を立て解決していくことがとても重要です。
こういった場合、何よりもまず子供の安全と子供の人権を守るのが最優先項目となります。
各自治体には、子供を守るいろいろな機関があります。私は専門ではないので分かりませんが、各自治体ごとに専門機関があります。保健所などに問い合わせをしてみてください。児童相談所や育児相談室などが受け付けてくれるはずです。そこには専門のケースワーカーがいますので相談をして、子供を守ることが第一です。
そして、それから御自分の問題を解決していくことが大切でしょう。相談員の方々はその道のプロでいらっしゃるので大きな力になってくださると思います。もちろんカウンセリングを受けて御自分と向き合うことも可能ですよ。
大切な子供です。愛していないはずはないんですよね。ほんのちょっとのボタンの掛け違いなんです。でも、ほっておくと大変なことになる可能性が大きい事柄です。勇気を持ってください。