誌面連載記事

『のりこのカウンセリングルーム』第十二回

くるサーチ。2006.1~

結婚してもうすぐ丸3年たつのですが、

結婚してもうすぐ丸3年たつのですが、未だに子供ができません。 まだ2人の時間をきちんと持ちたいというお互いの気持ちもあり、しばらくはのんびりやって行こうと決めたはずなのですが、周りの友人達が子供を作り、家庭を作って行くのを見るうちに、焦りが出てきて、私達も…と思う気持ちとなぜか妊娠が怖いという2つの気持ちに苦しめられるようになってしまいました。 夫は人と比べる事ではないし、焦る事じゃないよと言ってくれるのですが、両親も内心孫を見たいでしょうし、私も早く見せてやりたいという気持ちが強く、でも子供ができない自分がたまらなく弱く感じてしまい、日々とても不安を感じています。
女性/20代

お子さんが欲しいんですね?かわいいですよね、赤ちゃんは。それに同じ世代の人たちや、同じころ結婚した人たちが次々子供を作りはじめると、不安になってきたりして…。心のどこかで「遅れてはいけない。」「私、おちこぼれてる?」なんてあせってきたりもしてしまいますよね。
そんなこんなで、子供欲しい病に罹っていませんか?
私たちは、7歳で小学校に入学し、それからずっと順番どおりに同じように学校生活をしていきます。そうするとしらないうちに、めだかさんのように「同じようにならなければいけない。」なんて気持ちや、教室の中で同じ年の子たちと比べられ評価されてきたことで、「遅れを取ってはいけない。」なんて気持ちに駆り立てられる様になってしまっているみたいです。
ご両親は、あなたに「早く子供を!」とせかしていますか?御主人は、子供ができないことであなたに責任をかぶせていますか?多分そんなことは無いと思うんですよね。「両親も内心孫を見たいでしょうし。」とあなたも書かれています。そうかもしれない。でも、確認したわけではないでしょう?
それに弱い人間だから子供が授からないなんてことはありません。子供を授かるための適正試験はありませんよね。
人は皆それぞれ違います、夫婦のあり方も皆違います。それを受け入れてみましょうよ。
夫婦生活の不満や不安がそのまま妊娠や出産の不安になっている可能性も考えられます。そうなると、御主人に「気にするな。人と比べることじゃない。」なんて優しい言葉をかけられればかけられるほど、そのことに執着してしまって、何か二人の間でもめごとがあったりしたとき「それが大きな原因!」なんて思えてきたりもしてしまうものです。子供の有無に関わらず、二人の関係はかけがえの無いものであって欲しいでしょう?
冷静に考えて見ましょうよ。夫婦二人で過ごす時間はとても大切なものかもしれませんよ。この文面では良くわかりませんが、子供ができないことが深刻なものであるならば、妊娠が怖いならば、御主人とよく話し合って、婦人科へ行って体調を調べてもらうことも、妊娠ってどういうものなのか話を聞いてくるのもいい方法だと思いますよ。