誌面連載記事

『のりこのカウンセリングルーム』第一回(11月号)

くるサーチ。2004.11~

最近結婚を申し込まれました。

20代後半OLです。 彼のことはすごく好きなのですが、どうしてもワーイ!やった!という気にならず、だんだん不安になってきました。 中途半端な気持ちでOKするのも嫌だし、かといって、断れば次がないようで怖いんです。 OKすればこれで人生決まっちゃうようで怖いし・・・これってわがままなんですか?

結婚といえば人生の一大イベントです。悩まないほうがおかしいですよね。わがままってことはないでしょう・・・。これがいい機会だと思って、彼のこと、自分のこと、よおおく考えてみればいいのではないでしょうか?

まず、自分が望んでいるものは何なのか。もし、30歳前に結婚しないといけないんじゃないかとか?とか、乗り遅れたら困る。なんて考えているとしたら、その考えは一応わきにやっちゃいましょう。「次がない?」次は必要ならば作ればいいんです。結婚は人それぞれの形、時期があるものですよ。人にあわせても何のメリットもありません。5年後の自分。それが遠すぎると思うなら、3年後の自分はどうなっていたいのかを考えてみましょう。

誰の人生にも時間が流れていますよね、時間と共に人は常に変化していきます。それも、自分のおもうように。「他人と過去は変えられない。でも自分と過去は変えられる」んですよ。「OKすればこれで人生決まっちゃうようで。」あなたが決めれば決まるでしょう。でも、いくら一大イベントでも、結婚が最終地点ではありません。結婚しても時間はまだまだ流れていきますよ。何が起きるかは誰にも分かりませんし、その節目節目で決断をしていくのはやはりあなたです。

結婚は、適齢期にバスがバス停につくようにやってきて、それに乗ると後はお決まりの路線をぐるっと回るようなものではありませんよ。もしそんな風に考えているとしたら、ちょっと問題。お任せぐらい怖いものはないでしょう?

だって自分の人生だもの。そして結婚は二人でするものだから、彼とよく話してみたらどうでしょう。何か引っかかってることありそうですですよね?仕事のこととか、家同士のこととか、生活に対する考え方のこととか。そんな風にじっくりと考えていけば、必然に答えはでてくるのではないでしょうか?まだ早いと思うなら見送ればいいし、いまだと思うなら進めばいいんですよ。あなたの人生です、努々人に預けてしまわぬように・・・。