誌面連載記事

『ココロノオクスリ』VOL.7 最近テレビ番組などでも話題の「あなたの前世!」 前世療法その2

くるサーチ。2006.11~

さて、前回に引き続き今回も前世です。また今回も、特別な能力を持った人に教えてもらう「あなたの前世が見えます。」ではなく、心理療法の一分野としての「前世療法」のお話です。

先月号の中で、前世はあるのかないのかなんてお話をしました。
そもそも「前世ってあるのかな?」といわれると、私にもわかりません。前世療法においては、前世は「あってもなくてもいいよ。」なんです。だって、あなたの潜在意識にコンタクトして、今必要な情報を取り出す手段だから。
と、ここまでは前回のおさらい。

では、この前世療法。どうやって前世を体験するのかというと、催眠を使います。そう、前世療法というのは催眠療法の一つの分野です。

催眠療法とは、潜在意識に働きかける療法であるといえます。潜在意識っていうのは、普段私たちの意識に上らないとてもたくさんの情報を蓄えた場所です。生まれてから今までの全ての記憶、経験、学習。(お母さんのおなかに入っているときの記憶なんかだってあるらしいです。)そして、本能と呼ばれるもの。などなど。とてもたくさんの情報が入っているんです。そして私たちは意識することなくその記録をもとに考えたり行動したりしています。

普段は、私たちは顕在意識で物事を処理しています。この顕在意識は、考え方や処理方法などの枠を持った場所です。そうすることで、私たちは物事をすばやく判断し行動を起こすことができるのです。普通の状態では、顕在意識が情報を処理していて、潜在意識が表に上ることはありません。

でも、催眠状態に入ることで、「ちょっとの間顕在意識に休んでもらって、潜在意識と対話をしましょう。」が可能になります。

催眠状態の中で、私たちは意識の壁をとり払い、そして潜在意識の世界へと入っていきます。常識や、考え方の枠を取り払って自分の問題にあたるとでも言うのかしら。だから、今の自分の生活で、繰り返し同じような場面に遭遇するとか、同じような問題を抱える。なんてことが起きる場合には潜在意識にコンタクトしてみると効果的だったりするんです。そしてさらに、それは深いリラックスと、不思議なくらいたくさんの気付きをもたらしてくれます。

そこで、前世療法ではこう考えます。この潜在意識の中にはいくつもの過去世での情報の全てが入っている。

前世療法では、今の自分の悩みや今の自分の症状に関わる前世が、時代を超えて、姿を変えて、展開されていきます。自分ではない自分の体験として。
ま、別に悩みや症状に限らずとも、人生の決断。とか、もっと幸せになるには。これからの自分の成長課題は?なんて前向きなのもありでしょう。(そうなんですよ、心理療法ってそういう前向きなことにも、もっともっと使って欲しい優れものなんですよ。)だって、私たちの心はとても豊かで、賢くて、そして、何より私たち自身の強い味方なんですから。