誌面連載記事

『ココロノオクスリ』VOL.34 いつも陥る恋の癖!

くるサーチ。2009.1~

私達人間はいつだって人とのコミュニケーションを求めています。
そして、より親密な安心できるパートナーとの出会い、そしてその継続はおそらく人生の一大目標ではないでしょうか??

いい恋愛をしたいなら、自分をよく知ることからはじめましょう。
過去の恋愛を振り返ってみると、大抵の場合あるパターンに気がつくものです。
とはいえ、恋はいつだってスペシャルなもので、さらに、盛り上がってたりすると普通の精神状態じゃない(恋は盲目というではないですか?)ので、自分でそれを見極めるのってなかなかできないですよね。
さらにいうと、自分にとって不利益だと思えたり、受け入れがたい事実って言うのは見えないんです。(「だって見たくないから」なんですけどね。防衛機制の中の抑圧という仕組みです。)

けれど、恋愛パターンに気がつくことは幸せな恋愛を手に入れるのにとても役に立ちます。
なぜなら、恋愛は運命でもなければ、偶然でもなく、あなた自身の過去の経験や親子関係、解決されていない幼少期の問題が潜んでいることが多く、さらには繰り返す恋愛によって形成強化されていくものだからです。

そこで、ちょっと振り返ってみませんか?ご自分の恋愛の癖。

★チェックポイント★
好みのタイプ。→容姿。仕草。声や体型などの身体的特徴。職業。年上か年下か?など…。
付き合うきっかけ。→友達が恋人に。ナンパ。ひとめぼれ。など。
付き合い方。→尽くすほう。尽くされるほう。とにかくいつも一緒でないとだめ。結構あっさり。など。
分かれ方。→別れの原因やきっかけ。振られるほう?振るほう?など。

それから、よくよくモニターしてみると、相手が違っても同じような不満を持っていたりとか、相手に同じ言葉を言っていたりとか、
「あれ?相手が誰でも一緒か?」みたいなことって結構あるものですよ。

そうすると、「ああ、だからいつも失敗するんだわ!」とか、「よかった、幸せで。」なんて事が見えてきます。

そこで、何か不自然なものにぶつかったり、貢ぎ癖や、恋人に暴力を振るわれるとか、そういった状態に繰り返し陥るくせに気がついた人はカウンセリングを受けてみることをお勧めします。一人でやるのは難しくても、相手がいるとやりやすいものです。
自身の幸せのために、すばらしい恋愛をプロヂュースしましょう!!
実は、恋愛のパターンの中には解決されていない幼少期の問題が潜んでいることが多いんです。