誌面連載記事

『ココロノオクスリ』VOL.31 季節の変わり目

くるサーチ。2009.1~

春がやってくるころです。日増しに寒さも緩み、温かな風を感じられるようになってきました。

このころから身体は春仕様に変わっていきます。
徐々に代謝が上がったり、体毛が細くなったり、エネルギーが湧き上がる感じがしたり。
それとともに、なんとなく身体に不調を感じたり、心もとなくなったり。
ほら、喘息の発作とか、アレルギーとか、湿疹、蕁麻疹なんてのも比較的起きやすいんです。体が変化をする時期っていうのは、心も身体も不安定になるんですね。
でも、視点を変えてみるとそれってリセットのチャンス。粘土だって緩んでる時が一番形を作りやすいじゃない?上手に活用しない手はありません。

そこで、春にちなんで??
恋にフォーカスしてみましょう。
恋のエネルギーはとても大きくて大切なんです。だって、それって遺伝子レベルで人に組み込まれたものだもの。これを活性化させて生き生きと生命力あふれる自分をプロデュースしましょう。

いつもより時間をかけてぬる目のお風呂に入りましょう。
自分の身体中をたくさん触ってあげましょう。どこに限らず気持ちいいと思えればいいんです。ペットを撫でているように。特に髪の毛や、腕の内側とか内腿みたいな柔らかいところが効果的かも。リンパも通ってるしね。
ついでに、これから身体を露出する季節になっていくことですし、男性なら筋トレとか、女性ならむだ毛のお手入れとかスキンマッサージとか、一足先に始めちゃいましょう。そのときのポイントは、目標の身体を手に入れた自分を想像することです。こんな肌とか、こんな笑顔とか、この感触とか、もう事細かに妄想するんです。
好きな人の写真や、好きな俳優さんの映画を見るなんてのもいいですよ。
そうすることで性ホルモンの分泌が活発になり、潤んだ瞳とか、艶々した肌とか、魅力が増していきます。

「私なんか」「俺は良いよ」「もうオバサンだし」「終わったよ、そういうことは」なんていわないで、いくつになっても魅力的で生き生きしていたほうがいいんです。
パートナーのいる人は、相手に触れてみたり。
倦怠期の人は、昔ラブラブだったころを思い出してみたり。
誰もいない人は、憧れの人とのデートを妄想したり。
現実的に恋愛なんてしなくても、恋の気分に浸るだけでキラキラしてくるんだから。