誌面連載記事

『ココロノオクスリ』VOL.17 上手な目標の立て方。

くるサーチ。2008.1~

一年の計は元旦にありなんていいますね。
この時期、「今年こそは!何々するぞ!!」とか、「何々をはじめよう」という方は多いんじゃないでしょうか?デモね、ほとんどの人はなかなか続かなくて…。なんて苦笑いなさるんじゃないでしょうか?

というわけで、今回は、挫折しない。そして、限りなく目標に近づける。方法を考えてみたいと思います。

まず、一番大切なことは、
①具体的なものを目標とするということです。できるだけ具体的で、そして成果が見えるものであることがモチベーションを上げてくれます。漠然としすぎていてはいけません。
②いつまでにそれを達成するのか?を決めてしまいましょう。これも非現実的であってはいけません。今の自分がどこから始めるかをしっかりと認識して、そしていつまでにその目標を達成するかを考えます。
③その目標達成までを、3から5段階に分けます。
④それを1ヶ月。または1週間。といった短いステップで区切ります。つまり小さな達成目標を具体的に設定するということです。無理なく簡単にできるようなものであることが大切です。
難しいと感じたら目標の設定を変える必要があります。

そこまでいったら、つぎに各ステップごとの達成感を想像してみてください。できるだけリアルに、季節、服装、天気、誉めてくれる人の顔や言葉、自分の表情、そのときの感じまで。
後はそれを実行するだけです。
やってみて無理があることに気がついたら、すぐにステップを小さくしていいんです。そうすれば決して挫折しません。現状に合わせてハードルを調整することが大切です。

実際計画を立てていってみましょう。
①「海外旅行で使える英語を身につけよう。」
②「今年のクリスマスにNYに行く!!」それまでです。
③ 1,2月 挨拶。3,4月 空港。5,6月 ホテル。
7,8月 買い物。9,10月 レストラン。11,12月 タクシー。
といった感じです。やることを具体的に、さらに小さくしていくことで、たやすく達成感が手に入ること、それからいつでも軌道修正ができることで、まただめだったという挫折をしなくてすみます。ほら、目を閉じると今年のクリスマスに楽しくショッピングをしている私が見えます。
いい一年になるように。